冷えを防いで健康対策しませんか

冷えは女性の大敵とは昔から言われていますが、冷えに悩まされたりしていませんか。慢性的に体が冷えると免疫力が低下したり、内臓機能が低下したり、血液の循環が悪くなって肩こりや腰痛を引き起こしたりします。末端冷え性の場合には、手足が冷たくて寝付けないなんてこともありますね。冷え性を改善するには、当たり前のことですが体を冷やさないようにすることが大切です。首や足首など血液が通る場所の保温には特に気をつけましょう。夏の冷房も要注意です。次に適度な運動をして血液の循環を良くすることも大切です。運動によって筋肉がつけば、熱を生み出すこともできるはずです。体を温める食べ物を食べるのもいいですね。私のおすすめは、しょうがです。食事に積極的に取り入れてみましょう。みそ汁におろししょうがをたっぷりと加えると、味もよくなりますし体を温める効果も高まります。最後に湯たんぽなどで直接温めるのもお勧めです。但し、足先に湯たんぽを置くのではありません。湯たんぽでお腹やお尻など体の中心部を温めると体全体が温まります。特に足が冷たい場合、ももの付け根を湯たんぽであたためながら足首をまわすと湯たんぽで温まった血液が足先にまで届いて素早く温かくなります。体の中心部を温めると内蔵が温まるので、内臓機能アップにも効果的です。例えばお酒を飲んだ後には、肝臓部分を湯たんぽであたためるとアルコールの分解も早まり、二日酔いになりにくくなりますよ。